竹の会について

どんな会?

皆さんはご自分の老後を考えた時、不安に思った事はありませんか? 

健康でなくなったら・・・・どうしよう?
独りになってもドイツで暮らしていけるだろうか?
日本での老後はどうだろうか?
年金について、老後についてなど、必要な情報はどうやって入手したらいいのだろうか?

などなど・・・

竹の会は 

高齢になっても、自分らしく生き、社会との繋がりを持ち、たとえドイツ語力が衰えていっても、日本語で語り合える仲間がいて、助け合い、支援し合い、時には 日本食が手の届くところにある

そんな老後のための環境づくりを目指して活動する、世代を超えた公益団体です。

竹の会の目指すもの

竹の会は現在、デュッセルドルフの社会福祉施設ディアコニーと協力しつつ ・・・ 

  • 私たち個々人の生活文化を大切にし、日本語で話し合える仲間の出会いの場をつくり、お互いを支え合うこと。 
  • 世代を超えた仲間を募り、出会いのネットワークをつくること。
  • 老後に備え、様々なインフォメーションや資料を収集し、日本語を話す人に適したケアの準備をすること。
  • 地域社会における日本人とドイツ人の相互理解を深め、交流と融和を促進すること。

 詳しくは こちら をご参照ください。

設立の背景とこれまでの経緯

老後の暮らしについては、日本語で語り合う仲間たちとの出会いの中で、頻繁に語られる話題でした。 
どんなにドイツ社会に溶け込んでいても、高齢に向かうとともに日本語の重さが増すという研究報告や実例を前に、私たちは老後の生活について考え、活動するグループを発足させました。  
                                          

詳しくは こちら をご覧ください。

竹の会の名はどこから?

竹はしなやか、しっかり根を張り、安定した地盤を作ります。動きがあって安定した竹の性質は、私たちの活動と存在感のシンボルです。

登録社団法人 竹の会

組織名 ドイツ公益登録社団法人 デュッセルドルフ交流サポートセンター 「竹」 通称「竹の会」
Japanisches
 Begegnungs- und Hilfsnetzwerk TAKE Düsseldorf e.V.

c/o zentrum plus Oberkassel (zpO)
Gemünder Straße 5 / Hansaallee 112
40547 Düsseldorf

竹の会の定 款